株式会社トシコーポレーション           株式会社トシコーポレーション
研修風景 福澤俊幸


ホーム  企業研修  業務改善  講師紹介  会社概要  お問合わせ
タイプ別コミュニケーション研修

 研修の意図

組織内において、効果的にコミュニケーションを交わすためには、相手を理解し、相手が受け止めやすい形で伝えたいことを伝えていくことが求められます。
タイプ別コミュニケーション研修では、コミュニケーションスタイルを4つのタイプに分類し、相手のタイプに合わせた接し方・関わり方を学びます。
相手のタイプの特徴が理解できることで、コミュニケーションがより円滑になり、相手のやる気を引き上げ、組織の生産性も高まります。

例えば、マネジャーであれば自分の行動が部下などに与える影響を理解し、自分とは異なるコミュニケーションのスタイルや動機・欲求に対し、どう係わっていくかを学ぶことができます。
また、営業、顧客サービス担当者は顧客のさまざまなニーズを理解し、より良い係わり方を知ることで、顧客との強力な関係を築くことが可能になります。

タイプ診断

 目的

・タイプ別の行動特性を理解し、自他共の行動が如何に他者に影響を及ぼしているかを知ります。
・タイプ別の違いを受け止め、理解・承認・尊重する。
・タイプ別の特徴・褒め方・認め方・やる気の出る関わり方、環境・任せ方などを理解し、他者への関わり方を学ぶ。



 プログラム概要

               タイプ別コミュニケーション研修

・4つのタイプとは

研修の目的を知る
4つのタイプの概略

・自分のタイプを知る 他者への関わり方を知るためにも、まずは自分のタイプを理解することで、自己理解を促す
※診断ツール使用


・タイプ別の特徴を知る タイプ別にグループに分かれて、グループ内で自分たちの特徴を話し合い、他のタイプの人との相互理解を促す

・タイプ別の関り方と行動の違いを知る タイプ別の褒め方・認め方・やる気の出る関わり方、環境・任せ方などを理解し、他者への関わり方を学ぶ

※プログラム内容につきましては、ご要望をお伺いした上で御社独自のプログラムをカスタマイズさせて頂きます。


Copyright (C) 2010 Toshi Corporation. All rights reserved.